かつらと増毛

かつらとはどういうものか?

かつら着用画像

頭にかぶせて使うかつらカツラ)。

かつらを利用する主な目的は、頭髪の薄い部分を補ったり、イメージチェンジとして別の髪型を楽しむことです。薄毛用、おしゃれ用、コスプレ用、舞台や演出用など色々な用途があります。

 かつらは人工的に作られた髪型なのですがその作り方はさまざまです。 実際に人の毛髪「人毛」を利用してつくるものから、ポリエチレンや化学繊維といった人工の毛髪「人工毛」を利用してつくられたもの、またはその両方を合わせたものなど、実にさまざまです。

かつらは英語でwigと言います。おしゃれ目的で利用するかつらのことはウィッグと呼ばれることの方が多いです。頭部全体をすっぽりと覆うタイプのものから、部分的に取り付けるタイプのもの、ヘアバンドとセットになっているものや、頭頂部から後ろの部分だけを補うハーフタイプ、 アップスタイルやツインテールなど、その種類は細かく、さまざまな髪型のアレンジが可能です。

また、舞妓さんが主に使用する半かつら(七分かつら)というかつらもあります。 こちらは、前髪とサイドの地毛をつかってかつらに馴染ませてつかうものです。

このようにかつらは多くの種類が存在し、多方面で活用されています。 加齢による抜け毛やハゲ、薄毛などを隠す為に使われるイメージが強いですが、実はそれだけではないのです。

最近のかつらは技術力の向上により、およそかつらとは思えないほど精巧にできているものも出てきており、薄毛隠しだけでなくオシャレの一つとして楽しむ目的で使われることも多くなってきています。

かつらと増毛の違いは?

髪を増やすという意味ではかつらも増毛も同じ。というか、かつらも増毛技術の中の一つです。

ニュアンスとしては、

  • 自毛を活かし部分的に編み込んだりして毛髪を増やすタイプを増毛
  • 頭部全体を覆って隠すタイプをかつら

このような分け方をしているメーカーが多いように感じます。

どちらが良いかはその人の頭髪状況ややりたい髪型にもよります。編みこむタイプでも被るタイプでも技術がかなり進歩しているので、周囲にバレないように徐々に増やしていくことが可能です。サロンの無料体験などを利用して選ぶようにしましょう。

かつらのメリット

誰でもすぐに理想の髪型になれる

モデルさんや芸能人、そして雑誌で紹介されている素敵な髪型。これらは誰もが実現できるわけではありません。その人の髪質や量、そして髪の長さなどによってできたりできなかったりします。ところが、かつらならそんな心配はありません。理想とする髪型を誰でもすぐに実現させることができるのです。


髪質や髪の状態に左右されない

頭をすっぽりと覆ってしまう一般的なかつらであれば、薄毛であろうがハゲであろうが関係なく使用できます。部分増毛の場合も髪質によってはできない髪型が出てきますが、かつらであれば元の髪質に左右されることなく理想とする髪型を作ることができます。


ヘアメイク時間短縮

かつらはかぶるだけですから、ヘアメイクで髪型を整える時間を短縮できます。

かつらのデメリット

高額

かつらは高級品です。特に高い品質のものを作るとなるとオーダーメイド品になるのでより高額になります。しかも、永久的に使用できるわけではありません。定期的なメンテナンスや、かつら専用のシャンプーやコンディショナーの使用などの維持費がかかり、数年後には買い替えが必要になってきます。


残っている毛髪にダメージを与えてしまう可能性がある

かつらで頭部を覆ってしまうことで、頭皮環境が悪化し、結果として今生えている毛髪がダメージを受け、抜け落ちてしまう可能性もあります。最近は通気性の優れたタイプが出ていますが、それでも長時間の装着からくる蒸れをすべて改善することは難しいと言えるでしょう。


かつらを開始するタイミングが難しい

かつらはいきなりすぐに髪型を変更できるメリットがありますが、薄毛隠しでかつらを利用したい場合は、一夜にして髪型が変わったら一発でかつらだとバレてしまいます。髪が伸びるかのように徐々に増やしていくプランなどもあるので、バレたくない人はサロンに相談してみましょう。基本的にかつらや増毛は長期休みのときにやるのがベスト。周囲に違和感を持たれにくいと言われています。

かつらの費用はどれくらい?

一瞬にして好きな髪型になれるかつらは便利なアイテムであるものの、その費用は維持費も含めかなり高額です。

しかも数年ごとに買い替えが必要になります。毎日使うものなのでそれなりに消耗していくのです。買い替えが必要となる理由としては、ネットが破れたり、人工皮膚が変色したり、毛先が傷んできたり。これらは定期的なメンテナンスで修理していきますが、数年もつかっていると修理さえ不可能な状態になり、ついには買い替えとなってしまうのです。車なんかと同じですね。

かつらはほぼオーダーメイドなので、人によって価格が変わってきます。自分の場合は幾らかで見積もりを出してもらわないと他人のはあまり参考になりません。メンテナンス費用や維持費用もメーカーによってバラバラですが、最近ではアデランスやスヴェンソンなど月額定額プラン制のメーカーも増えてきました。定額制は料金が分かっているので安心という声が多いです。

購入する際は最初の購入費だけでなく、維持管理費面もしっかりと比較検討しておくようにしましょう。無料体験などに行って、実際に1年間にどれくらいの費用がかかるのか、大体の見積もりを出してもらうのが安心です。それにプラスαを考えておくと、かつらを快適に使い切ることができるでしょう。

女性用のかつら

かつらというと頭皮が見えてきた男性がかぶるものというなんてイメージが強いかもしれませんが、女性も普通に使用します。女性の薄毛、髪のボリュームに悩んで使う人もいれば、おしゃれ用、医療用として使う人などさまざまです。

「髪は女の命」という言葉があるように、女性にとっては大事な部分。加齢と共にでてくる、髪の毛が細くなったり、ボリュームがなくなってぺちゃんこになってきたりといった女性ならではの髪の問題。そういった問題を解決し、オシャレを楽しむためにかつらが利用されるのです。

かつらだけでなく、部分増毛も利用されます。一部分増毛するだけでも、それまでとはまったく違った雰囲気になります。ボリュームを出す為につけるだけでも、外見がガラリと変わり、オシャレを楽しむ気持ちもパワーアップし若々しくなります。外見を若々しくみせるだけでなく、自然とその表情も明るく、そして気持ちもポジティブに変化させてくれるのです。

最近のかつらは数年前とは比べ物にならないくらいに進化していて、その精巧な出来具合には驚かされてしまいます。自然で違和感もなく自毛のように装着することができます。どんどん進化しています。

女性に人気なかつらメーカー

レディースアデランス

レディースアデランス

かつらメーカー大手「アデランス」のレディースラインです。

オーダーメイド・ウィッグやレディメイド・ウィッグなど、その豊富な女性用かつらだけでなく、ヘアケアやスカルプケアなどもおこない育毛対策サービスなども展開しています。普段のメンテナンスが楽で、自毛と混ぜて使う増毛法グラデージュが人気です。

全国各地に160店舗以上のサロンがあり、ウィッグの試着や無料体験を行っています。

レディースアデランスの
無料お試しのお申込みはこちら


レディースアートネイチャー

レディースアートネイチャー

同じくかつらメーカー大手「アートネイチャー」のレディースラインです。

オーダーメイドで作るかつらはもちろん、医療向けウィッグも取り扱っています。また、欲しいところに欲しい分だけ増やす増毛、健やかな頭皮と美しい髪へと仕上げるスカルプ・ヘアケアシステムといったサービスもおこなっています。全国にサロンがあり、全国展示や試着会もおこなっていますので気軽に試してみることができます。

レディースアートネイチャーの
無料お試しのお申込みはこちら

医療用かつらとは?

抗がん剤などの薬の副作用により起こる抜け毛や薄毛。事故などの怪我による抜け毛。これらは、病気や怪我の負担と共に精神的的に大きなダメージを与えてきます。

髪は人の見た目に大きく関わっているので、精神面において強い影響を与えるのです。髪に対して男性以上にこだわりが強いとされる女性にとってはとても辛いものです。男性は丸坊主という髪型が成立するので、最悪頭を丸めることで対応できますが、女性は特別な理由がない限り坊主頭という髪型は難しいものです。

病気治療中の副作用、そして怪我による一時的な抜け毛や薄毛をケアするために利用されるかつらのことを医療用かつらと呼びます。

医療用かつらはオシャレ用のかつらとは意味合いが異なります。具体的な定義はありませんし、薄毛部を隠すという意味では普通のかつらと同じですが、使用される人の状態が健常者とはちょっと異なる為、かつらそのものの質はもちろんですが、かつらを提供する側のサービスも、精神的な部分のケアを最大限に重視する形となっています。

例えば、投薬治療をおこなっている方の場合なんかだと、治療に伴う抜け毛進行をふまえたサイズの調整にも気を遣いますし、色んな部分で利用者に負担をかけないようよりデリケートな仕様になっています。そのため医療用かつらを購入する場合は必ず医療用専門の店で購入するようにしましょう。

医療用かつらの購入方法

医療用かつらの購入方法は、医療用かつら専門店で作ってもらうのが一番です。治療している病院なんかにもパンフレットが置いてあったりしますし、医師や看護士さんに相談すれば馴染みで評判の良いお店を教えてくれることでしょう。お店によっては病院まで訪問してくださる場合もあるそうなので、外出がままならない場合は、そういったサービスを利用できるところを選んでおくと後々便利です。近くで見つからない場合も、今はインターネットが普及していることもあり、医療用かつらを扱う専門店は簡単に調べられるようになっています。

治療中は頭髪状態が治療過程に応じて刻々と変化していきます。その変化や治療に合わせて調節してもらうことが重要になってくるので、その辺をよくわかっている医療かつら専門店でなければ対応が難しいと言えます。

医療用かつらの金額は、既製品を使うのかセミオーダー、もしくはフルオーダーなどによってだいぶ変わってきます。既製品は大体10万以下ほどですが、セミオーダーやフルオーダーともなると数十万といった金額にもなるようなのです。また、サービス面についても確認しておきたいものです。お店によっては医療サポート価格といった割引制度や、病院への訪問サービス、そして無料のサイズ調整などをおこなっているところもあります。特にサイズ調整は重要なポイントとなりますので、こちらはしっかりと確認しておいたほうがいいでしょう。