増毛と育毛、発毛、植毛の違い

増毛、育毛、発毛、植毛。それぞれの意味と違い

増毛 育毛 発毛 植毛
自毛かどうか 人工毛 自毛 自毛 自毛
即効性 すぐ 時間がかかる 時間がかかる わりとすぐ
確実性 確実 不確実 不確実 確実

薄毛対策には、増毛の他に発毛育毛植毛といった様々な方法があります。薄毛の悩みを解消するという目的は一緒ですが、それぞれ解消方法が異なります。

字面を見て何となくコトバの意味は推測できると思いますが、その中でもわかりにくいのが増毛・育毛・発毛の違い。どれも毛髪を増やすという意味で用いられますが、微妙にニュアンスが異なります。明確な決まりはなく、薄毛治療や薄毛対策において異なる方法を分別する目的で便宜上使い分けているという感じです。

それぞれの言葉の意味や、対策方法の特徴をご紹介します。

意味を知ることで、薄毛対策や薄毛治療をする際に、自分に一番マッチした方法はどれかを把握することできるでしょう。


増毛とは?

まずはこのサイトのメインテーマとなる増毛です。

増毛の意味としては、読んで字のごとく「毛を増やすこと」ですが、すべての薄毛対策や薄毛治療は「毛を増やすこと」が目的なので、広義的には病院での治療や、植毛なども増毛に含まれると言っていいかもしれません。ですが、実際に病院の治療や植毛に増毛という言葉が使われることはほとんどありません。

増毛は多くの場合、「人工毛を物理的に追加して毛髪を増やす」場合の薄毛対策の呼称として用いられます。

具体的には、

自毛に人工毛を結びつけたりするエクステによる薄毛対策方法など

です。

何となくイメージは掴めますよね?人工毛を付け足して物理的に毛量を増やしていく方法です。そこからさらに派生して、毛が埋められているシートを頭皮に貼りつけたり、かつらを被ることによって人工的に髪の毛を増やす方法全般を増毛と呼ぶようになりました。

「増毛サロン」と言えば、かつらやエクステによる薄毛対策を行っているアデランススヴェンソンアートネイチャーといった会社のことを指します。増毛技術と言えば、バレなくて外れにくいエクステ技術、かつら技術のことを指します。

実際、上記会社のサイトを見ると、「増毛プラン」、「増毛コース」といった感じで「増毛」という言葉が並びます。

増毛の特徴

増毛最大特徴は、自毛(自分の毛)ではなく人工毛によって薄毛を隠すということです。

どんな薄毛にも対応可能ですし、すぐに希望の髪型になることができますが、あくまで人工的に髪を増やしているだけなので、本当の意味で薄毛が改善するわけではありません。

また、他人に気付かれる危険性があるのも増毛の特徴です。

薄毛治療でも効果が薄いと言われる進行した薄毛にも対応可能なので、薄毛対策の最後の砦としても人気です。

ヘアパーフェクト
ヘアパーフェクト

育毛とは?

育毛というコトバの意味を字面から考えると「毛を育てること」です。一番身近な単語としては「育毛剤」や「育毛シャンプー」などがありますね。自毛(自分の毛髪)を育てるという意味が強いので、無いところから生やしたり、人工毛を付け加えたりする方法にはあまり用いられることがありません。

「育毛剤」や「育毛シャンプー」は基本医薬品ではないので、髪を生やす効能をうたうことはできません。頭皮環境を良くしたり、髪の成長を助ける効果をうたっている場合がほとんどです。まさに毛髪を育てるです。

このように育毛は

自分の毛髪(自毛)を育てる薄毛対策

の呼称として用いられることが多いです。

「育毛効果」や「育毛相談」といった使われ方をしますが、育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリなど、髪や頭皮の健康を促進し結果として髪の成長につながる効果をうたっている商品の効果を育毛効果と呼んだりします。

育毛サロンという言葉もあります。これは、髪の成長を促進するためのヘアケア・頭皮ケアを行うサロンのことで、頭皮ケアをうたっているヘッドスパなども含まれます。育毛に特化したサロンとしては「リーブ21」や「バイオテック」などが有名ですが、増毛サロンの「アデランス」や「アートネイチャー」にも育毛コースがあります。

病院での薄毛治療は毛髪を生やすことが目的ですが、同時に既存の髪の成長を助け成長を促進する効果もあるので、病院での治療を育毛と呼ぶこともあります。

育毛の特徴

育毛は今ある髪を育てるといった意味合いが強いです。厳密な決まりはなく、薄毛業界内でも会社毎に表現の意味合いが異なる場合が多々ありますが、大体はその漢字の通り、毛を育てる対策と考えておけば間違いないでしょう。

育毛シャンプーや育毛剤に代表されるように、頭皮や髪のケアを行う意味合いが強いので、深刻な薄毛に悩んでいる人よりも、抜け毛が増えてきたような薄毛初心者が活用する、薄毛予防の意味合いが強い対策方法と言えます。

主な方法としては、育毛剤を塗布したり、頭皮を洗浄したり、頭皮マッサージをしたりがあります。

毛髪が元気に育って、抜け毛が減り、自然に生え、増えることを目標としているので、すぐに結果が出るわけではありません。時間がかかる上に個人差があり、薄毛の状況によってはまったく増えなかったり育たなかったりする可能性もあります。


発毛とは?

発毛は、「発芽」という言葉があるように字面的には一番髪を生やすという意味が強いです。主に病院での薄毛治療の際に発毛効果という言葉が用いられます。現に育毛剤や育毛シャンプー、育毛サロンでは「発毛」という言葉を用いてはいけないという広告規制があります。「生える」というメッセージに感じられ、ユーザーに過度の期待をさせる誇大広告になってしまう可能性があるということでしょう。

発毛は、

自分の毛髪(自毛)を生やす

という認識でいいと思います。

病院での薄毛治療は発毛効果が臨床で認められています。自分の髪を再び生やして薄毛を改善するわけですから、薄毛対策としては発毛が最も理想とする方法と言えるでしょう。

発毛の特徴

発毛は、何かしらの原因でヘアサイクルが乱れ、正常に生えなくなった毛髪を再び生やすという意味合いが強いです。こちらも育毛と同じように厳密な決まりはないのですが、実際の使われ方としては、毛が生えるということを指す言葉として用いられています。

発毛効果をうたっていいのは病院での薄毛治療だけです。

育毛同様に、自毛を生やし育てる方法なので、発毛効果が出たらそれは本当の意味で薄毛改善に向かっていると言っていいでしょう。ただし、発毛効果が出るまでには時間がかかる上に、個人差があり薄毛の状況によってはまったく効果が出ない可能性もあります。 普通に髪の毛が生えるのと一緒なので、発毛に成功した場合は最も自然に薄毛を改善することができます


植毛とは?

植毛は最も明確です。

頭皮に人工毛や自毛を人工的に植え付けていく外科手術による薄毛治療

を指します。

人工毛は拒否反応が現れたり、患部が化膿してしまう危険性があるため、現在は自分の自毛を移植する自毛植毛が主流です。自毛植毛すべてが確実に定着するというわけではありませんが、自分のDNAでできた髪の毛なので拒否反応が起こることは少ない模様です。

植毛は医療機関で受けます。外科手術を伴う薄毛治療です。物理的に毛を追加するという意味では増毛に近いですが、既存の毛髪に結んだり、頭皮に貼り付けたりする増毛によって追加した毛はあくまで人工物、自然に成長することはありません。それに対し、植毛は毛根ごと毛髪を移植するので、やがて移植した部分に根を張り自然と生えてきて自分の髪の毛のように成長を繰り返すようになります。

植毛の特徴

植毛は自分の残っている毛髪を採取し、薄毛部に移植する外科手術治療です。人工毛を追加する増毛と異なり、毛根ごと生きた毛髪を移植するのでやがて自然に生えてくるようになります。

自毛が残っていなければ移植することはできませんが、薬では改善しない進行した薄毛にも効果的です。効果が出るまで時間がかかることもなく、移植すればすぐに薄毛を改善できるので、自分の毛を増やす方法としては、最も確実で早い方法と言えます。

増毛と発毛・育毛・植毛の併用が増えている!?

昔は、増毛は発毛や育毛が難しい人が最終的に辿りつくところというイメージがあったのですが最近では全然違います。

最近は育毛や発毛、植毛と増毛を併用する人が増えてきました。育毛や発毛、植毛で自毛が改善するまでの間の薄毛隠しとして増毛を利用するのです。

増毛と発毛・育毛・植毛の併用です。

さらには普段は育毛・発毛を行い、同窓会やデートなどで雰囲気を変えたいときにピンポイントで増毛を利用したりと、女性がファッションでエクステを付けるのと同じようなライトな感覚で増毛を利用する人も増えています。

自分の毛で薄毛を改善させる育毛・発毛は、改善するまでに時間がかかりますし、場合によっては改善しない可能性もあります。それでも、自分の毛で薄毛が改善するということは至上の喜びでしょう。増毛の場合は確実かつスピーディーに好きな髪型の自分になることはできますが、結局は自分の髪ではないので、その状態を楽しめなければ精神的な悩みは解消されないかもしれません。

植毛は育毛・発毛よりはスピーディーかつ確実に改善できますが、外科手術なので、術後すぐはダウンタイムがあったり、移植した毛髪が再び生え揃うまでに多少時間がかかったりします。

それぞれ増毛と併用することで、デメリットを補って、最良の薄毛改善に近づけるようになったと言えます。