薄毛対策の異なる治療方法

増毛と発毛、育毛、植毛の違い

薄毛の進行度

薄毛対策には、増毛の他に発毛、育毛、植毛といった方法がありますが、薄毛の悩みを解消するという目的は一緒ですが、それぞれその解消方法が異なります。

各対策方法ごとにメリット・デメリットあるので、最も自分が目指したい薄毛対策の形にマッチした方法を選ぶようにしましょう。

人によっては、いくつかの方法を併用する必要がある場合もあります。

自分がどうなりたいかという最終目標を考えた上で決めましょう。

最近増えているのは、最終的には発毛や育毛で自分の髪を増やし、薄毛を改善したいが、発毛や育毛は時間がかかるので、それまでの間、周囲に薄毛を悟られないように、増毛を併用しながら発毛・育毛を行う人です。

発毛・育毛は病院治療で行うことができます。頭皮の専門医師に相談し、自分に合った治療方法を見極めてもらうと良いでしょう。

発毛とは?

頭皮環境を整え、健康な髪の毛を新たに生やすというのが発毛です。
自力での毛髪生成を促す方法なので、頭皮に負担がかからない、むしろ頭皮の正常化に最も必要な薄毛対策です。

自然に生えることを目標とする施術なので、時間がかかる上に、人や薄毛の状況によってはまったく発毛しない可能性もあります。
普通に髪の毛が生えるのと一緒なので、発毛に成功した場合は最も自然です

植毛とは?

頭皮に人口毛や人毛を人工的に植え付けていく方法です。

拒否反応が現れたり、患部が化膿してしまうなどというケースもあり、確実に定着するというわけではありません。
しかし、「自毛植毛」という方法であれば、自分のDNAでできた髪の毛なので拒否反応が起こるということもかなり少ないようです。

手術する必要があるので費用は他の薄毛対策よりも高額です。

増毛とは?

自分の髪の毛に人工毛を何本も結びつけたり、毛が埋められているシートを頭皮に貼りつけたり、かつらを被ることによって人工的に髪の毛を増やしていく方法です。

女性に人気のある「エクステンション」という髪を増やしたり、長くしたりする方法も増毛の一種です。
簡単かつスピーディーに薄毛を改善することができますが、あくまで人工的に髪を増やしているだけなので、本当の意味で薄毛が改善するわけではありません。
また、他人に気付かれる危険性があるのも増毛の特徴です。