増毛メーカーと増毛にかかる費用の比較

増毛メーカーの費用を比較しました

増毛メーカーといえば、「アデランス」「アートネイチャー」などがTVCMが放映されるなど知名度も高いようです。

しかし、あまり知られていないその他のメーカーも沢山ありますし、アデランスやアートネイチャーを上回る人気のメーカーも存在します。

では、いくつかの増毛メーカーと増毛にかかる費用を紹介します。

アデランス
75,000円/1,500本~900,000円/18,000本
スヴェンソン
初期費用:50,000円(税別)~100,000円(税別)(以後、月額9,400円(税別)~)
プロピア
料金公開なし。(リッチアップの前商品HAIR VEILの参考費用:¥288,000/5,000本、57.6円/1本。月1回1,000本のメンテに15,000円)
アートネイチャー
料金公開なし。(ネット上の口コミ等によると維持費は1~4万円程度~)
ハイベル
126,000円 3000本(部分増毛(ヘアポイント)

増毛は人によって効果的な方法が異なるので、料金設定が曖昧なことがほとんどです。カウンセリングを受けて、自身の頭髪状況だといくらくらいかかるのかを確認する必要があります。

増毛は必ずメンテナンス費用がかかるので、ランニングコストを計算し、1年間のトータルコストを把握するようにしましょう。

料金設定をはっきりさせないメーカーが多い中、
料金をしっかり公開していて人気なのはアデランススヴェンソンでの増毛です。

定額費用をうたっており、料金もお得ですし初期費用が高くても、以後のメンテナンス代を考えるとお得になるようになってます。

増毛する場合、必ず「メンテナンスが必要」という事を考慮して、どの増毛メーカーを選ぶか考えてなければなりません。

アデランスはお試し増毛ができるのもポイント高いです。

アデランス

アデランス
アデランス

「アデランスは誰でしょう」、「アデランスは私です」、「アデランスはわからない」などのCMで衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

アデランスでは、「新・編み込み式増毛(HP-1)」や、ハイスピードリアル増毛「ピンポイントチャージ」など、次々と新しい増毛方法を発表しています。

「新・編み込み式増毛(HP-1)」は、編み込土台を作り、そこへ人口毛を編み込んでいくという方法です。その際に金具や接着剤などは一切使用せず、編み込みが完了後、アデランスのサロンにてお好みのヘアスタイルになるようにカットをしてもらう事もできるそうです。

つけた後に何か違和感などがあれば、定期的にカウンセリングや状態確認をしてくれます。

>>アデランス無料増毛体験を受けた人の感想はこちら

料金は人によって異なりますが、年会費制ひと月あたり約14,800円~約19,800円で利用できるコースもあります。「無料増毛お試し」があるので、まずはそちらで体験して直接費用について確認しましょう。

アデランスの
無料増毛お試しのお申込みはこちら

スヴェンソン

通常バナー
スヴェンソン

自毛にしか見えない!というのが、スヴェンソンの増毛法です。

ドイツ生まれのメーカーということで信頼度も高く、「編み込み方式増毛法」という特許技術によって髪の毛と、人工的な髪の毛が同化していきます。

1つ1つオーダーメイドの増毛となっているので、髪の質、色などにもかなりこだわっているのも魅力の1つです。

スヴェンソンによる増毛の口コミをチェックしてみると、

  • 軽い
  • 付けている感じがせず、違和感がない
  • 蒸れないので臭いも気にならない
  • ズレないので安心して動けた

というものが多く、やはりカツラに比べると「付けている事を忘れられる」ようです。

スヴェンソンの人気の秘密は、良心的な料金設定にもあります。初期費用として50,000円(税別)~100,000円(税別)ほどかかりますが、それ以後、月額9,400円(税別)~という定額でメンテナンスができます。

その他にメリットとして挙げられるのは、

  • つけたまま1ヵ月外さなくても良く、メンテナンスも月1回
  • 通常のようにシャンプーができる
  • 整髪料やヘアカラーなどもOK

無料の資料がかなりボリュームたっぷりで詳しいことまで説明してあるのも安心の一つです。興味のある人はまずは無料の資料請求を行いましょう。

スヴェンソンの
無料資料のお申込みはこちら

プロピア

プロピア

プロピアは昔ヘアコンタクトのCMでお茶の間に衝撃を与えた老舗増毛メーカーです。腕ににピタっと付いて引っ張っても剥がせない髪の毛を見たときの衝撃は今でも忘れられません。

現在の主力商品はプロピアリッチアップ。独自の技術で開発したスピーディーな増毛法で、自分の髪を生かし地毛1本1本に人口毛髪をジョイントさせて自然にボリュームアップさせる精密増毛です。

地毛にジョイントさせるタイプの増毛は他社にも存在しますが、通常ですと髪が伸びてきたら付けた人口毛も一緒に切られてなくなっていきますが、プロピアは独自の特許技術で毛が伸びて上に上がったジョイント部分を頭皮近くまで下げてそのまま再利用することができます。人口毛の耐久性にもよるとは思いますけど、繰り返し使えるのは追加増毛の費用も抑えることができ経済的です。

女性用メニューも充実しており、生え際などが気になる場合もエクステ感覚で増毛できます。

リッチアップの詳しい費用の掲載はないのですが、前商品のHAIR VEILは5,000本あたり288,000円(57.6円/1本あたり)とのこと。オーダーメイドなので自分自身でカウンセリングに行き、自分自身の増毛には幾ら必要かをしっかり確認するようにしましょう。

プロピア増毛のメリットは、

  • オーダーメイドで髪型、髪色も自由。
  • 増毛した毛が根元から全方向に向くので少量でもボリュームアップ。
  • 自分の増やしたいところにピンポイントで増やせる。

といったところでしょうか。

ネット上の口コミでは、

「好きな部分だけピンポイントで増やせるので地毛に近い感覚でウィッグやかつらよりも簡単」

といった声が目立ちました。

まずは無料増毛体験でどんな感じかチェックしてみましょう。1,000本プレゼントキャンペーンなどを定期的に行っているようなのでそれらを利用してお得に増毛しましょうね。

プロピアの
無料増毛体験のお申込みはこちら

アートネイチャー

アートネイチャー
アートネイチャー

こちらもアデランス同様、よくCMが流れているので知名度の高い増毛メーカーの1つアートネイチャーです。

ホームページ上に料金表示がなかったので、ネット上の口コミを見てみると、

「思った以上に費用がかかる」
「メンテナンス費用がかかるので悩んでいる」

という声が多いようです。また、ネット上に「年間10万~15万円程度」の費用がかかるとの情報もありましたが、それくらいであれば、増毛料金としては普通ですよね。個人差があるので、カウンセリングで自分自身の料金を確認するのが一番です。

アートネイチャーの増毛のメリットは、

  • 無料増毛体験を受けることができる。
  • 相談にきちんと返答してくれるので信頼できる。
  • 生え際が本当に自分の髪の毛のように自然。

ということです。

アートネイチャーに料金をかける価値があるのかどうかは、まずは無料増毛体験に行って実際に感じてみるのが良いと思います。

>>アートネイチャー無料増毛体験を受けた人の感想はこちら

無料増毛体験に行くと、勧誘されるんじゃないかと思って躊躇している人もいるかと思いますが、強引な勧誘はないようなので安心して受けてみてくださいね。

アートネイチャーの
無料増毛体験のお申込みはこちら

ハイベル

ハイベル
ハイベル

プライベートサロンとも言われ人気のある増毛メーカーの1つが「ハイベル」です。
まずはお客様の相談を受け、親身になって一緒に薄毛になって考える事から始めてくれるので信頼度も高まってきます。

なんといってもハイベルの毛質にはこだわりがあり、お客様の髪の毛の質、色など細部に渡って再現することに専念しており、より自然に馴染ませることができるような技術も持ち合わせています。

部分増毛なら、1本あたり42円。 100本増毛した場合4200円。局所増毛のシートは、1枚あたり31,500円~です。

ハイベルでの増毛のメリットは、

  • 生え際までリアルに再現することができる
  • 髪の触り心地が地毛と変わらない
  • アフターサービスも充実
  • 完全個室なのでプライバシーも守られる
  • 薄毛の幅広いジャンルの相談にも対応
  • 完全オーダーメイドシステム

立地場所は東京の青山ということもあって、なんとなく立ち寄りづらいと思っている人も多いようですが、アフターサービスまで念入りにサポートしてほしいと思っている人にはハイベルがオススメ。頭皮のクレンジングケア、カット&シャンプーなども行っています。

ハイベルへの
お問合せはこちら